野菜スープダイエットのデメリット

野菜スープダイエットのデメリットは、たんぱく質が少ないところです。たんぱく質の摂取量がかなり少なくなるので、筋肉が減って基礎代謝が減るというデメリットがあります。野菜スープダイエットをそのまま続けると、リバウンドする恐れがあるので、市販のプロテインなどでたんぱく質を補う必要があります。空腹がつらいというデメリットもあります。野菜スープダイエットは、野菜スープ中心になるので、どうしてもお腹が空きやすいです。基本のスープは工夫しないと、途中で挫折する危険があります。できれば、根菜中心で作るようにします。根菜のほうが腹持ちがよいので、空腹感が我慢できない人は、根菜スープを試してみることです。最初は順調に体重が落ちますが、その状態で運動すると、空腹で力が出ない感じになります。しかし炭水化物を取るようにすると、体重が元に戻ってしまいます。運動とは相性が悪いのも野菜スープダイエットのデメリットと言えます。野菜スープの味に飽きやすいのもデメリットで、継続するには、美味しいスープを作り続ける必要があります。ある程度料理の腕がないと難しいかもしれません。